中古車&バイクの賢い買い方、売り方についての知識ならこのサイト!!

売・買 中古車&バイク

中古車購入契約

契約時のポイント、必要書類、また購入にかかる費用をご紹介。

契約時の注意

車も気に入り、支払額も納得した、となればあとは契約ですね。契約は慎重に行いましょう。 注文書に名前を書き、ハンコを押してしまえば契約は簡単に成立してしまいます。しかし、一度契約してしまえば、よほどの事情がない限りキャンセルは不可能です。分割払いならこれから一定期間の支払い義務も生まれます。あとからその車両が自分に合わなかったり、故障などトラブルが続いてもそう簡単に買い替えは難しいと言えます。

納車までに交換や修理を頼んでいる物があれば、有償・無償に関わらず、注文書に明記してもらいましょう。後からトラブルにならないように、約束事は必ず注文書に残してもらうことを忘れずに。 保証期間や保証内容もよく確認しましょう。しっかりと契約書に明記されているか確認します。また契約時に、「事故歴や修復歴はありません」となっていれば、後から事故歴や大きな修復歴が発覚した場合、払い戻しに応じてもらう念書など書いてもらうと安心です。 最後に見積書をもう一度よく確認して、支払額、支払い方法、保証内容、諸費用など疑問点はないかよく確認してから契約するようにしましょう。

必要書類

基本的に必要な書類は、印鑑証明書と委任状に押す実印です。車庫証明を自分で取るなら後日警察署で手続きしましょう。記入する書類は販売店で用意される事もありますし、警察署にも置いてあります。

任意保険も忘れずに

自賠責保険に加えて、任意保険に加入しておく事は車を運転する上で常識と言えるでしょう。保険会社は外資も含めて多数あり、提供しているサービスも実に様々です。保険料の割引も会社により様々なので、なるべく多くの保険会社から見積もりを取って、保険料・補償内容を比較、検討しましょう。

購入にかかる諸費用

□自動車取得税
クルマを取得することに対して課せられる税金です。道路に関する費用の財源を交付し、道路に関する費用に充てることを目的に、自動車の取得に対して課す税金です。取得価格の5%で50万円以下は免税されます。ここで言う取得価格とは、(財)地方財務協会が発行する「課税標準基準額一覧表」に基づいた評価額のことで、これに5%が課せられたものを自動車取得税としています。

□自動車重量税
車検取得時に必要になる税金のことです。車検の有効期限が残っている中古車の場合は必要ありません。その4分の1は、道路関係の費用に使うことを目的に市町村に譲与されます。

□自動車税
地方税法に基づき、一定の自動車に対し、その自動車の主たる定置場の所在する道府県において、その所有者に課される税金です。

□自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)
中古車の場合には、車検が切れていれば25カ月分、継続して車検を取得する時は24カ月分を支払います。

□任意保険
義務づけられていない保険ではありますが、加入しない場合のリスクを考えると必要です。対人賠償の場合は最低でも1億円、できれば無制限に加入するのが無難です。保障内容やその他の条件によって細かく金額が変わってくるので、詳しくは保険会社と相談するのが良いでしょう。

□消費税
車体本体以外の付属品や保険料、手数料にも5%の税金がかかります。

□法定預かり費用
各陸運局に提出する新車登録や車検の申請書、そして各警察に提出する車庫証明の申請書には印紙を貼る必要があり、この印紙代を「法定預かり費用」といいます。(これには消費税は課税されません)

□中古車の保障に関して
中古車は、今は状態が良くても、いつどこが壊れても不思議の無い車で有ったり、年式的に修理部品が高く付くとか、故障しだすと連鎖的に故障を起こすといった面で、保障の費用を見込んでも、赤字になる確立が高い車です。そのため、中古車の保障はないものが多数です。

□登録法定費用
車を購入する際に、陸運支局で行う車の登録手続き費用です。

□登録手続き代行費用
陸運支局で行う登録手続きを販売店に頼んだ場合に必要となる費用です。

□ナンバー変更費用
車検切れの場合や、他地域のナンバーが付いている車を購入した場合、その車を陸運局までもっていき新しいナンバーを取得しなければならないため、ナンバー変更費用というものが必要になります。

□車庫証明法定費用
車を所有する場合、その保管場所の確保が法的に義務づけられています。その登録に必要な保管場所の証明(車庫証明書)が必要となり、この車庫証明書の申請にかかる費用のことをいいます。軽自動車の場合、これのことを自動車保管場所届出書といいます。

□車庫証明手続き代行費用
車庫証明の申請を代行してもらうための手数料です。この手続きは自分で行うと1〜2万の節約になりますので、自分で行うことをおすすめします。

□ローン手数料
車を買うとき現金ではなくローンを組んで代金を支払う場合には金利の他にこの「ローン手数料」を請求される場合がありますので販売店でしっかりと確認しましょう。

□整備費用
中古車購入時に販売店が整備をするためにかかる費用です。

□納車費用
買った車を自宅まで届けてもらうための費用のことを言います。自分で販売店まで車を取りに行けばこの費用は請求されないはずですが、引き渡す前にどのような状態でもらえるのかということをきちんと確認しておきましょう。

Copyright(c)2008 売・買中古車. All rights reserved.