中古車&バイクの賢い買い方、売り方についての知識ならこのサイト!!

売・買 中古車&バイク

チェックポイント

中古車購入にあたって様々なチェックポイントをご紹介。

プライスボード

販売店の中古車のフロントガラスには、値段が書いてある表が付いていますよね。この表はプライスカード(スペックシート)というもので、単に価格のみを表示しているのではなく、中古車選びにおいて重要な情報が記載されています。販売店へ行ったら、記載されている情報をよく見ることが大切です。
結構値段しか見ていない人もいますので、しっかりとプライスボードの情報を読みとれるようになりましょう。

@年式(初年度登録年月)
その車が日本国内で登録された日付です。

A車検証有効期限
車検の期限が長ければ、購入してすぐ車検のために費用がかかることはありません。

B走行距離数
新車登録時から今までどれくらいの距離を走ったかを表します。走行距離が少ない方がいいのはもちろんですが、数字の改ざんがよく問題になるので注意が必要です。メーターが交換されている場合もあり、走行距離が不明ということもあります。

C点検整備記録簿
定期点検整備が実施されたか、その点検内容、記録簿の有無です。記録簿のない車はトラブルに繋がるので避けるべきです。

D修復歴
修復歴の有無です。基準は自動車公正取引協議会基準により定められています。

E保証
保証の有無、保証内容、保証期間です。「保証付き」を選ぶのが無難です。ただし、販売価格に保障費用が含まれているはずなので、別途請求される場合は要注意です。「保証書」は必ず受け取りましょう。

外装をテェック

中古車選びの基本は、「晴れた日」の「昼間」にチェックを行うことです。表面の傷やへこみが目立つので、外装のチェックに最適な条件といえます。 具体的に何をチェックしたらいいのか、見てみましょう。 以下に問題がある場合、車に歪みがあると考えられ、事故歴のある車を修理した可能性がありますからしっかりとチェックをしましょう。

□傷やへこみ、塗装の劣化がないか
<注意!>
傷やへこみが少ないからといって、前に乗っていた人が丁寧に扱っていたと考えてしまうのはちょっと早いです。展示している車は、販売店でよく磨かれていたり、工場などで修復されていたりすることが普通です。へこみは近くからでは分からないことも多く、少し車から距離を置いて全体を見る必要があります。まさか廃車寸前の車を扱ってるお店はないと思いますが、充分に確認してくださいね。せっかく購入した車が買って間もなく廃車なんて悲しいですよね。

□ボンネットやバンパーの左右の隙間が均一か

□ドアとフェンダーにズレがないか

消耗品のチェック

■タイヤ4本の減り方は均等?片減りしていない?
その車が真っ直ぐ走っているかを判断できます。 片減りしている場合は、アライメント(タイヤの角度)に狂いが生じていることもあり要注意です。

■タイヤの溝は薄くなってない? タイヤの空気圧は?
薄い場合、運転時にスリップの危険があります。 タイヤの空気圧は乗り心地、燃費に影響します。

■サスペンションが弱っていない?
車体を上から押してみて、揺れが収まらない場合は弱っているので注意です。

■マフラーに穴が開いてない?
数年使っていると排ガスの熱で穴が開いてしまい、排気音に異常(爆音など)が出ます。マフラーの音量は車検通過にも影響します。

■ライトケースはひび割れしていない? ライトケース内に水滴はない?
車検に影響するので、必ずチェックしましょう。

■ライト内の電球が切れていない?
点灯しないと夜間走行では非常に危険になるほか、交通取り締まり対象なります。ヘッドライト、ウィンカー、ハザードランプなどあらゆる箇所を確認しておきましょう。

内装をチェック

中古車購入の際、内装で一番気になるのが目に付く汚れや傷です。購入後、大きな汚れに気付いて後悔しないように入念に調べます。前のオーナーの使用状況が想像できることもあります。以下5つは最低限確認しておきましょう。

□シートにタバコの焦がし跡はない?

□ ダッシュボードに傷はない?

□フロントガラスにひび割れはない?
<注意!>
車検に影響するだけでなく、走行時に割れることもあり危険です。

□トランクルームを開けてみてカビ臭くない?雨漏りは?

□トランクルーム内に、スペアタイヤと工具一式(レンチ・ジャッキなど)は揃っている?

機器系統をチェック

車内では安全に直結する機器系統のチェックのほうが重要です。かならず入念にチェックしましょう。

■室内照明は点灯する?

■ メーターの走行距離はプライスボードと同じ?交換や撒き戻しの可能性はない?

■全ての窓の開閉状況、ドアロックは?

■ヘッドライト、ウィンカー、ハザードランプなど全て点灯する?
<注意!>
点灯しない場合、夜間走行では非常に危険なうえ、交通取締まり対象になります。

■ オーディオ機器のチェンジャーが作動する?音質は?
<注意!>
視聴のためのCDやMDなどのメディアを忘れずに。

■ワイパーのラバー部分とブレード部分は消耗してない?

■エアコンを付けた場合に臭いはしない?温風と冷風の双方が出る?

■クラクションはしっかり鳴る?

エンジンルームのチェック

エンジンルームは、機械が苦手な人にとっては普段は見ることがない、もしくは見るのを避けてしまう箇所かもしれません。しかし、ボンネットを開けてエンジンルームをチェックすることを避けてしまうと、安心できる中古車の購入には程遠くなります。初心者にとって部品の名称などの理解は難しいかと思います。できれば、車に詳しい人と一緒に販売店に行ってチェックすることをおすすめします。

□ボンネットフードに歪みはない?

□エンジンルーム全体が車体と同色?
<注意!>
車種にもよりますが、色が違う場合は修理歴ありという可能性があります。

□車の心臓部ともいえるエンジン周りに、ひどいオイル漏れはない?

□オイルなどの液体が適切な量まで入っている?

□バッテリーは上がっていない?液漏れによるサビやカビはない?

□各種ベルトの弾力は?ひび割れはない?
<注意!>
ベルトの弾力は実際に触って確認します。エンジンを掛けてみて、キュルキュルといった特有の音が出ている場合は要注意です。

□ゴム部分の柔軟性は?
<注意!>
ベルトと同様、実際に触ってみてチェックします。

□ブレーキフルード(ブレーキオイル)などの油脂類は、濁ってない?

□ラジエーターフィンは曲がっていない?ホースは劣化してない?

Copyright(c)2008 売・買中古車. All rights reserved.